船はいいよぉ大海原≒オーシャン≒おーちゃん♪の公式 〜たんぽぽはえてますかぁ?

_DSF0818jpg.jpg _DSF0825jpg.jpg _DSF0864jpg.jpg

 白杖の先っぽの方が…折れたぁぁぁ!?
よし♪ これを機に腕筋きたえましょ。ってことで鉄板4枚ギブス〜
 なんまら、おもってぇぇ   ちょと肩いためた?……
.

 全盲の人が、一人でフェリーにどうやって乗るの?
しかも、宿泊とかしちゃうパターンの大きいフェリー。

 これ、失明した直後の僕、不思議に思ったの。
ちなみに、見えなくなって半年?…1年は経ってなかった頃のはず。
.
 そうなのだ。僕は船旅が好きなのだ。
あの、まったく知らない人と過ごすロビーでの時間
「どこから来たんですか?…あぁ旅からの戻りでね…
とりあえず乾杯しときます?♪」みたいな。
 そしてあの、『どこにも逃げられませんよ。周りは…海ですから……』みたいな。
非日常な拘束間?スリル?…常に胸がちょっとだけドキドキしてるやつ。
.
 はい。 2006年の3月。
僕は、兵庫から大分行きのフェリーに乗ることにしました。
 見えないで一人で載せてくれるのか?という疑問と
もしも乗せてもらえないっということなら、それはなぜだい?
っということが気になっちゃったんだ。
.
 それで兵庫のフェリーターミナル
(六甲アイランド(だったはず)に電話してみた。
あ、そうそう。 身体障碍者手帳があれば、
乗船券の割引がきくのかっということも知りたかったんだよね。
.
 んでその結論は!
まず、手帳での割引制度はあるとのこと。
なんまラッキー!!
それで肝心な『全盲者の単独乗船 ok? or no?』
 フェリー会社によると
→全盲者を一人で乗せたことがない。
っというよりも
一人で乗りたいっという人がそれまでいなかったらしい。
…うっ…みんな一緒に乗る人がいてくれるのね…。
って、ちょっぴりジェラシって♪
.
 僕の電話で対応してくれてたお姉さんは慌てた。
「視覚障がい者が一人で…んと、えっと…確認します」
 次の日。
「もしもし…こちらフェリー会社の…一人でも大丈夫ですよ♪」
と、またまた同じお姉さん。
 そのお姉さん、また慌てた。
「え゛…全く見えない!?少しは見えるとかじゃなくて?…
も、もいっかい確認しま…」
 また次の日。
「お客様(語尾がちょっと上がりめ) 大丈夫ですよ♪
お客様のおっしゃった通り、カウンターまで来ていただければ…」
ということで僕は、単独乗船の権利チケットをgetした!
.
 ちなみに、その時のフェリー会社さんのサービスはこうでした。
・フェリーターミナルのカウンターから、僕が予約した、
寝台(全8人-2段ベットだったかな)まで案内してくれる
・寝台から、トイレとサービスカウンターまでの行き方を教えてくれる
・下船時には、船内から外のフェリーターミナルの出口まで案内してくれる
・上で書いた以外の時間は
『お一人でお好きに楽しんで』スタイル
.
 この時のフェリーの往復 本当に楽しかったんだよね。
たくさんの人と話をしたり、何回も何度もかんぱ〜い!って。
なんか浮かれて、予定外に売店でお土産とか買っちゃったし♪
.
 旅での移動、その新しい手段を手に入れて
見えない僕の生活は、さらにハッピーに〜
.
☆写心説明&エピソード
 「あぁ、また我が家の犬っていうのも芸がないよな……」と思ってた。
そこに、『たんぽぽ満開』の報告が届いたーーー!
「でもなんかいつも通りだったら普通に遊んで帰ろ♪」と
我が家の畑横のドッグランへ〜
.
 そう、、…我が家の横。ミニドッグランがある。
あんまり犬の喜んでる姿をみたことないけどー。
.
 「うっお!? なまらたんぽぽクセーじゃんけ!」
「はーしーれー 楽しいぞー 自由はいいぞー」
と言っても、僕の横で同じ方むいて着席 チョン
何をねだるか…膝にお手……。
「どうぞどうぅぞぉ 走ったりしたらいいじゃぁん!」、ちょっと背を押す俺 グイ
また…お手。……。
「ねぇ、いつもさん(←名前) あのね。インスタばえって知ってる?
いや、俺も、そのはえてるとこって見たことないけどさ。
ま、そういうのあるんだよね。 それでさ、イッツが走るとさ
こう、なんていうか 黄色に茶色が、なんか…はえたりするんじゃないかなぁって…
どうかな? バエのコラボとかしちゃったりしてみないかなぁ…」
お手継続……。「うん、それも自由よね…」
.
……こ1時間の面接。 たまに出かけて右往左往ダッシュ〜〜
首に付けた鈴で リンリリリリーーリ
たまに、たんぽぽ臭がするような?……ほのかにね。
.
*レンズ→18mmと35mm  Sスピード→1/60とか1/125とか1/250とか
 太陽光はいいよねぇ
____
インスタ&ツイッターはじめました! *使い方修行中
インスタ → blind_photographer622jp
ツイッター →blind_photo622
.

音がこぼれるプチ飲み屋街♪〜 お兄さんのイメージもバツグンだった!?

010482jpg.jpg 020379.jpg 030371.jpg 040319.jpg 050392.jpg 060338jpg.jpg 070472.jpg 080507jpg.jpg 090514.jpg 100521.jpg 11P1040313jpg.jpg 12P1040315jpg.jpg 13P1040316jpg.jpg

「いやー 太陽さん。なかなかすれ違う時間が増えた今日この頃だねー」
寝るのがヘタクソな僕です(笑)。
.

先日ですね。 僕の住む北海道の名寄市のスターの一人
ロッキンsax吹きの深田元晴アニキ
お仲間さんと一緒に、市内でライヴをやってくれたの。
.
それで僕はちょっと早めにのり込ませてもらうことに。
ステージとかの光度合いを知るために♪
.
会場となるビルの下 ズズッチャ ドドドドッド パラリパラリ〜
街の繁華街でリハの音♪ 普段の景色が カラフルに〜
白いご飯に のりたま&鮭フリカケを一緒にかけたような 輝き!?
僕、意気揚々と3階まで駆け上がる たったった 手すりは必須!!
.
今回のライヴ。 演奏を聞く以外にも楽しみがあった。
そう! 出演する椎名純平さん(以降=ジュンペイ)と会える〜ってこと。
ここから少し、ジュンペイさんのイメージを、僕なりのやつで書きたいと思う。
 * ちょっと失礼?な感じかもしれない……ジュンペイさん ごめんなさい
.
まずはお知らせ→ジュンペイさんは→椎名林檎さんのお兄さん。
んで、ジュンペイさんに会う前はさ
僕も、林檎さんの顔を知ってるわけだから「似てるのかなぁ」とか
「骨格近いから、喉の辺りから響くリアルな振動とかもあんな感じなのかな」とか
「いや、先入観で会ってはいかんいかん…」とか
ってな色々で、頭の中がgwの道の駅くらい渋滞してたの。
.
リハを終えた直後、ついにジュンペイさんとご対面〜
「名前、なんて呼んだら?……」みたいな話から。
{注意} この時に→呼び名を ジュンペイと、おーちゃん という契約?〜
.
このファーストコンタクト時。 僕に浮かんだキーワードがいくつかある。
『晴れ男』 『胸板=タフなアンプ』
『ちょうどいい焼け具合の目玉焼き』
といったあたりが代表的なところだ。
一応、3つめの『目玉焼き』について説明しておこう。
.
白身の部分は、しっかりと熱が通って→綺麗な『白』。
それから君の部分。 表面の膜にはあまり熱がとどいていなくて
まだキラキラキラッて 潤う黄色いままの状態。
純粋な 誰がなんと言おうと
→→『黄』っていう色。
白と黄色が完ぺきなコンビ。 イキイキパーセントhigh!
つまりね。ジュンペイさん=イッキイキ♪ということ。
.
そのまた直後。…… ま、色々とあって
元晴さんと、ジュンペイさんと3人でコンビニへ買い物に行くことに。 約100m〜
ジュンペイさん:「おーちゃん 何かサポートした方が歩きやすい?
なんでも言ってね。わからないからさ」
おーー、なんて素敵な言葉!!!
涙がちょちょぎれそーになった。 演奏とかどうでもよくな……
とはならず。 よりパフォーマンスが楽しみになった。
.

そして、もうひと方。
シンガーのkeycoさんのことも書きたい!?
*僕は気づけていなかったけど、帽子を?、ハットを?かぶっている…らしい
.
本番演奏中。僕は、目の目の前に座ったのね。
いや! 膝の前だったっというくらいの距離だった。
.
バッ ブッハッ ヴァッ ヴォア!……
僕の顔や身体にぶつかってくるのは、空気の塊。。。
大きさで言うと…そうだなぁ……。
立派なメロンとか、スイカくらいの。
ぶつかってくる強さは…そうだなぁ……。
「ちょっと起きてよぉ」って トントンされる時くらいのヴァフ力。
.
バッ ブッハッ ヴァッ ヴォア!……
なんと keycoさんの 動きのエネルギッシュなこと!!
「どうしてこんなに元気なんだろう?」 「エネルギーの元は?」
「スタミナどれくらい続くんだろう?」……。
.
僕が小学生の時に見たグーニーズっていう映画にあったシーン
 → シンディ・ローパーの熱唱
そのスペシャルパワーに衝撃をうけた時のことを思い出したんだな。
.
☆写心&写真説明 それらのエピソード♪
*以下は、当日の時間の流れであり、画像の順番ではないかも…
・「うぉぉ 近いよ近い! なまらすぐそこだって!
おーちゃん!! keycoさん 手とどきそーなくらいだよぉ!?」
隣にいたカフェ『アールエス』のマスター=マコも大興奮〜
.
・「きたきたきたー 晴くん寄ってきたー 離れてった…あっまたきたー」
saxブインブインからーの しっとり ぷぅぁぁ〜……
観客達が 僕の後頭部に遠慮ないエネルギーを… ぅんだぁぁ!!!って
.
・途中休憩中も室温の上がったフロアーは久しぶりの再会やらで談笑づくし……
さっきまでガン見されてたステージ…誇らしげに…そして何かをたくらんでるような
.
・優しいジュンペイさんの声…「その距離なら生声きこえるよー」
シングルから、どんどん増える仲間たち…音が混ざりあって
どこで聞いていても、響きで熱で繋がる〜
.
・「はーい。 ちょっともう1枚いかせてけろっ!」
公式?集合写真撮影の直後、みんながバラけかけて。
僕が「感じなかった方は、フレームアウトしちゃうかも〜」ってパチリ!
*結果…フレーム内、下側の主役はソファー(汗&涙)
.
・「まずは食べて! もーね説明できないってこの味は」
旨いかどうかを問われた先に食したマサのセリフ。
この後、30分後…くましろう、のラーメン美に全員涙した。
ジュンペイさんの隣の僕、前方にグィーっと手のばし(自撮りのような) パチリ!
*左から。ジュンペイさん→店主ニシケン→keycoさん……
.

令和に突入…?いつだっけ…初、地元で桜をみてたから 〜あのヤベースポットが…なんと〜

_DSF0077jpg.jpg _DSF0197jpg.jpg _DSF0208jpg.jpg _DSF0212jpg.jpg _DSF9917jpg.jpg

 うぉ!? 北海道〜 桜前線が
例年よりも早く上がってきたぁ!!
とか言って、ここ数年は桜とほっとんど触れていないような気がする僕です。
.

「これ? え! 桜なの!? 白く…ないよ……」
 うん。 山形で、18歳の僕がつぶやいた言葉。
ピンクじゃない花びらに衝撃を受けてから時は流れ〜
……中学&高校時代を過ごした
北海道の名寄市の公園。
やってきました! 初の桜雰囲気→名寄公園〜
.
「人いるじゃん ちびっこもはしゃいでるじゃん」
昼休み時だからなのか…駐車場の一角。
僕の近くにやってきた車 ブィ〜ンっと頭からつっこんで停車 ピタッ!
んでもって、そのまま運転席でコンビニ弁当らしき物をパクついて
……バックオーライ &去っていく人もいた…らしい。
花見の時期だけ? 普段も来てるの?
.
 中学生の時に写生会できたのは
たっしか夏…だったよな…。 緑緑してたもんな…。
 当時。 この公園の池で、ボートに乗ると
街の不良に岸から 石をバンバン ドボ〜ン ドッボ〜ン 投げつけられ
さらに運が悪いと → 返却場所で待ちぶせされる……
なんていう、なんまらデンジャーなスポットだった。
(僕ではないが 本当にあったヤベー悲しい実話♪)
.
 写生会当日。
「放課後に、また描きになんて来たくない」っと。
授業の時間内に、かなり必死こいて完成直前まで無理やりもっていった。
あぁ、懐かしいな。あのやっつけ仕事で描いた絵♪
 時間をかけない??下書き→ 色んな要素を入れずに どアップの木!?
葉っぱは、7枚とか、10枚とかそのくらい。
幹は、おじいちゃんの目じりのシワのごとく 濃く深い波波〜にょろにょろろ〜
.
 まさか今年は、そんな公園で桜の花見。
あの背筋が凍るようなスポットにほのぼのした季節があるなんて……
  なまら驚きだべさ。
.
☆写心&写真説明&エピソード
1枚目:「桜の香り、あんまりしないなぁ…近づけば…」
サワサワさわっと 花弁と、枝野シナリ感を!? おぉぉ…。
「太陽、出たり隠れたりだな…色生えたイメージの方が撮りやすいのに…」
.
2,3枚目:「さて。 懐かしの池 ぼ〜っとしますか
たそがれちゃうぜー。 ……ここあんま人、通らないんだな……」
ワンコさん。初老?のご婦人?後ろから失礼しまーす!?
おっとぉ あっちは家族できたのかぁ… うんうん♪
.
4,5枚目:結局、距離で絵をイメージするんだから
僕がシャッターきるのと そんなに変わんなくねー?…てことでカメラを渡して
「もうちょっと下がって も、もちょと…そうそこそこ!
ここを真ん中にして、半押しして……印象が桜に寄り過ぎないように…
全体に木を…いや、犬、呼ばなくていいです。カメラ目線むしろnoで…今です!?」
こんな感じで撮るのも楽しいな♪っと知る!!!
ベンチに座る=いつも(犬)と僕。
.
 {製作した動画}
《世界初!?》監督は全盲者!視覚障がい者も聴覚障がい者も楽しめるライブ映像

https://www.youtube.com/watch?v=nCfCglbZusA&feature=youtu.be


mail→hiro622@amber.plala.or.jp
・FB→hiroaki ohira
・インスタ→blind_photographer622jp
・ツイッター→blind_photo622
.

我が家の畑まわりは賑やかで♪〜 色んな声が行きかいます

_DSF9494.JPG

歩道の縁石の隙間から生えてきた雑草…
杖にひっかかって…ツライ季節。
名寄市で、pcにカブリンついてる大平啓朗でございます。
 

僕の家から、南に150mほど歩くと
国道に行けちゃうぜ!っという道の交差点がある。
ちなみに、その交差点に行くまでの、たぶん道道(県道って、もちろん言わない)は
車も人もそんなに通らない。
.
この道。今、弱フィーバーしてる。
そう! 選挙カーの往来!!だ!
.
僕も玄関にいて、遠くから立候補者や、ウグイスさんらの声が聞こえてくれば
よっしゃ!って 道路沿いに出ていって ぶんぶんぶん 手を振る。
(参考:ぶんぶんの始めるタイミングを間違うと
すんげー長く振り続けることになる。
故に、道路沿いへ歩きだすタイミングが非常に重要なのである)
.
すると、さすがの田舎道。 選挙カー側は
僕の立っているそうとう遠くからでも
僕のことに気づけるみたい。
僕の左右両サイド共
500m以上だーれもいないのだから当然なのかもしれない。
.
そんなこんなの理由もあってか。
立候補者の約半分は、僕の目の前で車を停めて
さらに、降車して挨拶をしにきてくれる。
申しわけないなぁっと思いながらも、嬉しいのだ♪
応援の気持ちが もくもくと湧いてくるのだ。
.
そして、残りの半分の立候補者のうちの、そのまた半分は
車を停め、窓越しで話をかけてきてくれる。
これもまた、嬉しいことだ。 フレ〜フレ〜
.
中には、周りに誰もいないことをいいことに?かな。
マイクの声で、そのまま
「お〜ちゃ〜ん。ありがとうございます×(3)
お〜ちゃんの応援にこたえて、福祉の……選挙が終わったら、また一緒に……」
と、ここからかなり個人的な話になることも(笑)。
.
あのマイクでのパフォーマンス。
声の表情って、いろいろと違いがでるよねー。
うん。ぜーんぜん違う。
.
あんま偉そうなことは言えないんだけど…
スゲー引き付けるなぁっていう人いるよね。
声の好みとかかもしれないけど…。 *女性ではないよ♪
.
でもやっぱ、リアル本気でやってる人って
すごくいいなぁって思ったんだ。
.
本日と、明日は投票日!
僕の待ちの盛り上がりはあと少しで
通過点を超えるのだ。
.

そんな白熱 市議会選挙の事を
近くで見守る?彼ら彼女ら
そう、毎年この季節、羽休めにやってくる白鳥さん達。
いったい、どう見てるのぉぉ?
.
僕の家の周り。
前回の日記に載せた雪の畑が
土色に変わった頃にやってくる。
調子の悪い扉の蝶番(ちょうつがい)のような
パァでもプァでもバでもない。 プ゛ァ〜〜っという声で。
.
みんなは知らないかもしれない。 夜中の2時や3時。
ものものすんげー数の白鳥さん達が、畑で鳴いてるんだ!?
.
周りは広く、静寂に包まれてるじゃんね。
だから、まるでね。 夜の浜辺にいるみたいなんだよ。
白鳥さんの泣き声ってね、けっこう大きいの。
それが正面の左から右ずーーっと広いところから
聞こえてくるの、まるで潮騒みたいに。
プ゛ァ〜 プ゛ァプ゛ プ゛ァプヴァ プ゛ァ〜×∞
.
夜の海ってちょっと切ないイメージない?
今の僕の家のまわり、それも深夜は、そうなの。
あと、数週間?も経てば、蛙が田んぼで
「輪唱なんてやってらんねぇぜ!」てな具合に一斉に張りきりだしちゃって。
そんでもって、鈴虫&コオロギのコンビが
それに対抗してアンサンブルゥー♪
 演奏者=鈴虫&コオロギ  お客さんの拍手or歓声=蛙
ウキウキしちゃう深夜に化けるんだよ。
.
☆写心説明&エピソード
「あぁ、この時間はダメか……白鳥さん達、どこに居るんだろ?
風も強いし、どっかで休憩中だべか?」
そんなことを思い始めて約3時間。ときは17時35分。
この間、僕の背面では
部活の子ども達のランニング たったったった……
約5名通過〜
それと、占拠カーが3台通過〜
この場合。 マイク音が聞こえた時点で
スタンダップ→白杖にぎる→微笑む
→振り向く→ぶんぶんぶん(タイミング重要)

*今回のレンズは35mm。
この時間で、この風の強さで感じる太陽の暖かさ具合
そんなのを約3時間ほど浴びながら、スマホで執筆中の原稿チェック。
トロけそうなほど、のどかな時間。。。
それでも寒さに限界きて パチリ!!
.

投票はマジなのに文字を書くのが… 〜散歩道、ワンコが2回通り過ぎた

_DSF9384jpg.jpg _DSF9392jpg.jpg

春なのに〜 雪降り北海道の北の方〜
ま、毎年のこととはいえ、今年は雪が随分と残っているような。
 

先月の横浜&東京。
桜の存在をまーーったく感じられずに…帰名寄(涙)。
香りしなかったなぁ。 どこかで咲いてたのかなぁ。
それでも温かくて、心地よかった関東。幸せだった♪
 

先日、知事&道議の選挙。投票にいってきた。
あの投票用紙って鉛筆の滑り、なまらいいよねー
というのは置いておいて。
.
今回も、投票所に事前連絡をせずに
「僕、目が見えないので、案内お願いしてもいいですか?
ちなみに、字は自分で書けますよ」って、申し訳ない…のパターン。
が、空いていたのもあり?、親切な対応♪
.
こういう時は。こちら側が、『どのように』 『何をしてもらいたいか』
『何ができて』 『何ができない』かを説明するのが大事!
  一人メシで、お店の人にするのと同じ。
.
僕は、用紙に名前を書く際。
「書き始める所に、僕の左指、置いてもらえますか?」
てな感じで教えてもらう。
  これは、他いろんなものに記入する時も同じ。
.
「縦書きですよねぇ?」とか言いながら。
心の中で、「このお兄さん、後ろからのぞいてねぇ?
俺の投投票した人、街の人に言ったりしないよね?」
なんて、絶対になさそうなことを
自意識過剰に考えながら(笑) さらりさらーりっと
鉛筆を滑らす。 シャ シャ
.
そこで! 事故が起きた!!起きかけた?!
.
余計なことを考えながら記入してたもんだから、
名前、どこまで書いたかわかんなくなったーー!!!
詳しく、例えていうとこうだ↓
もし、『目』という文字を書くならば。
3画めからは、横棒の3連発でしょ?
左から右に シャ シャ シャって。
そう! この作業の途中のどこかで、他のことを考えちゃったりすると……
「あれ??何本書いた?何かいシャってやったっけ?
次の1本でラスト…かな?」ってなる。
.
これ、他の文字でもけっこうある。
もちろん、『自』はそうだし。
『顔』っていう字のツクリのシャ×3とか。
.
もーね。 『無』のファイナルちょんちょんちょんちょん
これなんて、なまら強敵!
書きだす時に、集中しゅーちゅーって感じ。
足いっぱいはえちゃうからね。 字とどんどん矛盾してくるからね。
っと、シャだの、ちょんだのの困難ぷりの話はここまで♪
.
投票の方では、結局。
「お兄さん。これ読めますか?」って聞いて、事なきを得る。
記入する前は、「後ろからのぞいてねぇ?」
とか思ってたのに、実に勝手である(笑)。
次回の投票からは、全て平仮名で書こう!
そうきーめた。
.
☆写心説明&エピソード
昨日、朝の6時半ほど@僕の散歩&ランニング道。
「最近ちょっと歩き足りないよなぁ」ってカメラを持ってってっくってっくてく。
太陽が顔を出したり、でも速攻で隠れちゃったり。
「太陽こい こい 出てこいこい!」
背中で期待! じーーっと待つ。
風がピュ〜 手ちょっと冷たい……。後ろで車 ブーン ゴォ〜〜
…たまに、「おはようございまーす」が目の前を通過。
*僕、車道を背にして。歩道を挟んで広がる畑方向むいて縁石に立ってる
 
1枚目:犬を連れたオバちゃん左に通過〜
ワンコの肉球とアスファルトが奏でる
カチャチャンカチャチャンカチャチャン……遠ざかる…
めんこいなぁ 朝から元気だなぁ でパチリ!
.
2枚目:背中だけでは待ちきれず たまに首だけ振り向いて
「まだ?…出ないの…?…」って太陽に質問、何度か。。。
さっきのオバちゃん、次は右へ通過〜
の、数分後、「きたきた きったー 太陽イエスッ!」
数週間後には、土が顔を出すかな…雪の畑に パチリ!
.

春の下見に上京します〜トークと香りと、お初と昔のままと〜

P1040285.JPG

先週。札幌市の西岡北小学校へ
卒業間近の6年生から〜
素敵なおくりもの=卒業式で合唱する歌を♪
給食中に男の子から出た「歌きいてもらいたいよね」がキッカケ。
 .

 来週から東京&横浜へ〜
ルンルンルンって、らしくない音で表現。 僕です。
温かいでしょ 桜の香りもするでしょ 薄着で風もきもちーっしょ
約2か月前の関東→関西→九州……さみかったもんなぁぁ
.
 最近、急に身近になった横浜から start!
パラ水泳のエース(だと思ってる僕)、友人と初のご対面〜
.
 またまた下北沢でのトークライヴ〜
ありがたぁく 『らしい』ヤツ やらせてもらいます!?
 3月21日の春分の祝日 16時に開場〜
エシカルさん←これまで5回もやらせていただいたんだ。
クローズしちゃうお店…涙こらえて〜 トークの後は カンパイ元気めざします!!
「ホームページ 見たよー」の方には、
ドリンク1杯 サービスさせていただきます。
これがインドの子供たちの教育支援につながるらしいのだ。
 ↓イベントページ↓
盲目のカメラマン ?大平 啓朗?のトークライブ&?交流!?飲み会
ハートが生きてりゃ、0も100になるぜ !

https://www.facebook.com/events/573637059819943/

.
今回も ↑だけじゃ帰ってこないぞ。
その後も、ご対面お初の方とお会いしたり。
もしかしたら出られちゃうかも? とあるtvの番組制作者との打ち合わせ。
線先月に話をしたんよ東大生の追い出しコンパに参加したり。
.
高校時代の同級生と日本の中央で会うっという、
いつまでたっても慣れない時間も楽しみなんよねー。
20年以上前の顔のイネージな同郷の友人と、
東京で一緒にいる……立場も年齢もぜーんぜん変わっちゃったのに…。
これぞ中身の印象とセッション! 外見0〜
.
 3月に東京をブラリブラリしたこと
この5年間で何度かあった。
突然、とび混んでくる 桜と酒と油の香り。
その後に気づく にぎやかな集団の映像。
今回は、これにシャッターをきりたいんだ。
でもでも、あえて探すことはしない。
突然!にお任せモード てくてく…てくてく。
.
 行ってまいります。 まだまだ雪降る名寄からー
明日は、マイナス13度の予報〜 こりゃ部屋にこもって来週の準備だね♪
.
☆写心説明
*アイマスクをして給食を食べる子ども達。
おーひらの目の前。
先生「○○君、パン…イチゴの上に置いちゃってるよー」「
○○君「えー。待ってまって!どこに置いたらいいのぉ」
*意外にも、周りの子たちはちゃんとこの男の子をみて爆笑
……
*おーひらの右斜め前の女の子。ずーっと黙って牛乳と格闘
□□ちゃん「ストローぜんぜん刺さらない…。あっ刺さったけど…ん?これ逆!?」
おーひら「いいじゃんいいじゃん。味かわんないっしょ」
……
教室中が、「意外と食べれんじゃん」などなど。
この後、教室に移動してーの。僕の話をメインに、
子ども達とわいわいトークセッション♪
 

2019の頭は本州を右から左へ そして九州の上へ〜人人人…

P1040198jpg.jpg P1040216jpg.jpg P1040235jpg.jpg _DSF9225jpg.jpg _DSF9234jpg.jpg _DSF9235jpg.jpg _DSF9248jpg.jpg _DSF9256jpg.jpg _DSF9274jpg.jpg _DSF9275jpg.jpg _DSF9290jpg.jpg

本州は長かった……。
 
新年の初の日記は
旅といいますか ツアーといいますか
その後の余韻をのせての作文。
 
2019年の一発目の北海道外は、約3週間の テクテクテクッ。
出発するきっかけは、何度かお世話になった場所
下北沢の東口の近くにあるお店でのトークライヴ。
 
6月9日に二子玉川で会った その店の店長=マイコが
「闇のイベント、ぜひウチの店でやろうよー」と。
嬉しいお誘いをくれた。 もちろん、僕の答えは 即 イエス!!
あれから何度、スタッフなっちゃんとメールをやり取りしたことか……
めざせ『楽しくフィニッシュ』って最初に決めたんだ。
お金の事、誰かが大きな負担←仲良くなくなって終わることってなくもないじゃん。
そんなのもったいなすぎるもんね。
 
店長マイコ=エシカルさんでイベントが実現したのは、1月の12日。
その間に、ライフルさんのcmの撮影があった。
これが色々を 開いたぁぁ
→ 車椅子ダンサーの神原健太さんとの出会い!?
この方、ユイツムニャー(唯一無二の何かを持ってる人 *オーチャペディアより)
 
この下北沢のイベントでは、僕の住む北海道名寄市の星☆
中学と高校の先輩でもある
→元『SOIL&”PIMP”SESSIONS(ソイルアンドピンプセッションズ)の
sax 深田元晴アニキにも声おかけ。
sax&ダンスのコラボレーション〜
さら〜に、晴君が
庸蔵=ようぞーさんという、これまたスゴsaxニストをお誘いして
saxがツインだった!! 演奏が始まってやっと気づいた僕…(笑)。
 
もちろん、僕はsaxの♪が健ちゃんに弾けたり、吸い込まれる画を撮影。
でもでも、実はなまら気になってたんだ。
僕の周りや 背中の方から聞こえてくる息をのむ音
そして、ため息みたいなものがつくる空気感が。
前の3人に皆が魅了されているのがなんだか勝手に誇らしかったんだよね。
「ほらね ダンスやべーって言ったでしょ」って感じで(笑)。
 
お初の人も 再開の人も
「全員がいてくれてよかったなぁ」って思えた。
そんくらいいい空気のイベントだった。 僕のトーク以外はね♪
 
僕、なんか嬉しくて 楽しくって。
写心とか 旅とかの話よりも会場のお客さんにステージから話しかけまくってたら
気づくと っというか気づいてたけど なまら時間が速く過ぎて……。
写心の紹介=1枚〜  47の旅の話=3県〜
いいのだ別に 色んなスタイルがライヴにはあるはずなのだ。。
でも、次回のトークは おもいっきり写心を紹介させてもらいますよぉ!!!
 
そうそう。 神原健ちゃんを密着してたbs nhkの取材も入ってたから
後日、記録でも思い出の形?になったんだよ〜
 

下北沢のイベントの前日は、東京大学で
主に経済学部の学生達にお話を。
11年目?となる今回は、ここでも晴君にsaxを交えての〜
相変わらず、活きのと〜てもいい学生たちで
ヨぉーシッて! 新年からエネルギーもらったんだよね。
 
関東を満足した僕は、西へ西へ〜
9年前にやった 『47都道府県一人民泊の旅』
その時に泊めてもくれた =飛街者(ひがいしゃ)友の会のおウチへ。
7年ぶり?とかかな。 そんな気ぜんぜんしなかったな。
東本願寺の野外ライヴで一緒させてもらったり
京都大学の吉田陵のイベントみにいったり……。
優しいコーディネートがありがたかった。
 
そして…この頃に僕は……風邪をひいたぁぁぁ!?!
大阪に移動した僕は、首にかけたカメラに鼻水を垂らさないように
毎分2回ほどのタイミングで ズズゥ〜ズッ
 
吸気をしまくったからか、逆に頭が冴えたみたいなんだ。 たぶんね…
なぜか突如『お笑い』が頭にうかんで……
…なんばグランド花月へgo〜でin。
 
隣の、おっさん 声出して笑う笑う…ちょっとむせる…。
会場の、お客さん 「ほらきた!」って感じで 一斉に拍手×たくさん
 
「おぉぉ こういう雰囲気なのかぁ」っと心の中でドキドキ感激しながらも
慣れてるふりキメこんで、拍手に参加〜&声出して笑う俺♪
 
「これがtvとかで言ってるやつかぁ」 「昔に見たことあるやつかぁ」
って、実際にその場に参加すると 現実にあることが不思議でいっぱい。
フランスのルーブル美術館で感じた異世界感をなんばでも♪
「俺も来れるんだな…本当にあったんだ…」って、パズーみたいなこと考えて。
 
……いろいろと納得した僕は
気づくと福岡の飯塚でラーメンを食べていた。
ってほどでもないけど、友人が真っ先に お勧めのお店=mappe=まっぺへ
→すんげーフレンドリーなイカツイおにじさん=お兄さんと、おじさんの中間
のやっている所へ連れていってくれたんだ。
3年ぶりに再会した友人=モヒ(カン)は、奥さんと、子供を誘っていて。
僕は、ほ〜んとにちっこい命を抱いて……。
何かにぶつけちゃいけないから
秘儀『ザ・低い低い』であやしたんだ。
*反応はほぼ0 きょとんっとしていたらしい♪
 
BAR CHECKは、イソップのやっているオシャレなところ。
そして、スタッフも、オシャレなんだなぁ。
前日の顔合わせで話盛り上がって涙の雰囲気にもなって♪
そんな会場で、僕はトークをした。
2人のシンガーソングライター『こーちゃん』&『ピー』からの引継ぎで……
 
トークの後には、残り組で 『好きな映画ベスト3のうちの2つを発表』を。
それぞれの人生には影響を与えてくれる作品がある。
このお題、思った以上に人のあれこれが出てくる。
今後にも使ってみようと心に決めた深夜〜
飯塚には…いや、飯塚らしい思い出なのかはわからないけど。
とにかく、優しいスピードの人達が多くって
同じ時間を過ごしやすい人達の住む街だと知ったんだ。
あぁ…でも、mappeのラーメン、かえ玉しなかった…って公開してる。。
 

街に出ると色んな事が待ってる。
東は東の色がある。 西には西の香りがある。
ホテルでも、タクシーでも、駅でも、お店でも、街の路でも。
人の、地域の雰囲気の違い…これを感じるのがたまらなくいいんだ!!
 
今回、行こうと思っていた島根や山口。そして、九州の南の県。
体力がっというより、気候の変化に負けたぎみだった…(涙)。
次は、その地域辺りからスタートしようかな。
会いたい人はまだまだたくさんいてくれる。
 
☆写心説明&エピソード *順番違うかもしれない……
1枚目:イベント会場=下北沢のエシカル。
ステージから、お客さんを!
「みんなぁ 音で反応おねがいしますねぇ 僕寂しくなっちゃうから」

2枚目:京都東本願寺のド真ん前。
急遽、野外ライヴに混ぜてもらえることになって…演奏中だったけど。
動きながら?跳ねながら演奏する友達が目の前を行ったり来たりに!!
 
3枚目:京都大学-吉田寮の近く。 木の葉のかすかに揺れる音が
乾いてた。1枚づつが大きく感じられた。ずーっと上まで。

4枚目:ユイツムニャー健ちゃんの代名詞?のひとつ。
倒立〜 腕筋つおいんだぞ〜をイメージしての。
体の各所に付けてもらった音の違う鈴たちが大活躍〜
 
5枚目:車椅子をたたんで、タイヤのホイルの上に乗っかって回っちゃうんだなぁ
『ザ・お釈迦様クルクル公開大サービス』
って感じで健ちゃん輝いてるぜ!って パチリ!
 
6枚目:健ちゃん。車椅子のタイヤ、外しちゃいます。
 ダンスのパートナーにしちゃいます。たぶんほぼアドリブのsax、
どの音が、健ちゃんをこうさせたのか!?
 
7枚目:お客さん。 みんなsaxの音と代わる代わるのダンス表現に
 うわぁ……。 あ……。…。静寂80%の歓声…。
 
8枚目:エシカルさんのトーク&闇あそび&ダンス後。
2次会はフリートークで皆と交流。 お初のダグ達と反省?感想会。
 
9&10枚目:生のお笑いをみて大満足の僕。
外に出て、建物を見上げて余韻にひたってた……胸がどきどき。
聞こえてきた「いらしゃい、どうでっか?」みたいな声。
「なまら楽しんじゃったよぉぉぉ」って声をかけたんだ。
 
11枚目:福岡飯塚-ラーメンマッペ。イベントの前日〜
ライヴやらなにやら色々とコーディネートしてくれたモヒの家族。
ベイビーに秘儀『ザ・低い低い』する直前。
どんなけちっこい手でも、しっかりギュッて。 生きてる力強く。
 
*今回のダンスの一眼レフでの撮影。 すべてレンズは18mm。
演奏者との立ち位置が手前と奥→ちょっとした距離。
どちらもキッチリ見てもらいたいけれど、やっぱり一眼だもの。
ちょいと奥をボヤかしたかったりもするんだよね……。
35mmとの使い分け≒どちらも使う←次回の課題だなぁ。
でも、35mmじゃ、少し離れなきゃだから被写体感じにくかったりするんだよね。
 

stvラジオ。イヴはシロップさんと生トークで! モヒカンの立ち具合は15年前より…

P1040131jpg.jpg P1040150jpg.jpg _DSF8995jpg.jpg

 北海道。名寄→旭川→札幌
っと移動中〜 ゴットンゴットン ちょい吹雪きめ…かな……
 

毎年、12月24日の正午から24時間
ラジオ放送している『チャリティ・ミュージックソン』
という催しをご存知でしょうか?
 
stvラジオ 24日 20時30分から
わたくし、でますよぉぉ!
てか、この後すぐだ!
30分間?くらいかな。。。
 
トークのお相手はぁ
よしもとの芸人=シロップさん
 
なまシロさんと! いやー 楽しみで仕方がないぞ。
 
このラジオの催しは、「音の出る信号機」の設置や「盲導犬の育成事業」
「視覚障がい者用教育教材」への寄付につながる募金を呼び掛けるイベント。
主催は、全国ラジオ・チャリティ・ミュージックソン実行委員会
 
それでそれで。 【参加放送局】
→ STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、ラジオ福島、
ニッポン放送、ラジオ大阪、和歌山放送、中国放送、西日本放送、
九州朝日放送、ラジオ沖縄 (計11局)
おー、けっこうすごいですよね。
 
ですが! 僕の出演は
基本、北海道のstvラジオ放送での配信なので、
北海道外の方は、radiko.jpなどで聞かなきゃかな。。。
*他に聞く方法があるのかもしれませんけれど……。
 
さて。。  まずはスタジオに行く前に。
野外イベント広場? スワロウテラス 雰囲気を めいっぱい吸い込んでくるのだ
小銭ももってるぜ〜
 
☆ 写真説明
1枚目:12月8日。
 サルサガムテープさんの名寄公園! 僕もステージ一緒したぁぁ
そのメンバーの中には いった〜〜
ブルーハーツのドラム 梶原徹也さん。
僕は涙が出かけた そしてお願いを2つした。
1.モヒカンを触ること
2.白杖にサインしてもらうこと
   結果→→最強の杖が!!!!!
 
2枚目:白杖。 手で握る部分&その一段下。
 かじさんのサイン イラストも描いてくれた♪
僕は、ミーハーでいいのだ!!って思ったの。
 
3枚目:元『SOIL&”PIMP”SESSIONS(ソイルアンドピンプセッションズ)』
→深田元晴あにき。 僕らの控室を出て…
…少し後に付けていく僕。
…遠くからsaxの…廊下に……。
 

ニューなカメラと修行中 パート4 想い出の道は、数分経てば速新道

_DSF8929jpg.jpg _DSF8938jpg.jpg

雪だよー 雪だよー 雪ですよぉぉ
北海度は、やっとの雪!!
 
僕がね、何前回も歩いた道。
さっき、「ちょっと車停めてけろっ」って。
頭にたっさに積雪。 積雪…たさり たっさり………。
寂しくなった街路樹の 包み込む 音の
 
名寄高校前の道 遠くに主要な国道 走る車音……。
深夜の0時直前の道は 静かにのびているのだ。
 
わが母校は、新校舎 けれど。。。

* 18mmのレンズ。縦のスケールをイメージし右後ろからの街灯で自分も登場。
  タイヤ痕を入れ込みたかったけれど…。
けっこうな雪、カメラが心配に。 対策必要…急に撮りたくなり過ぎるからね(笑)

 

道内2会場のライヴはちょっぴり異色なコラボレーション♪ 〜米澤の授業は 本物の言葉なんだずぅ

_DSF8839.jpg _DSF8841.jpg WEB.jpg WEB_2.jpg

道内の2大都市をポン ポンっと移動して〜
先週は、ライヴ連日、お腹いっぱい
 
・11月の3日は、旭川 神楽で〜
 会場は満席以上の、立ち見者も!
久々に、真横で聞いた 本気のグランドピアノ→山崎理恵!ちゃんの!
 
 子犬のワルツを聞きながら
「ショパンが自分の飼っている犬…クルクル回るのを見て作曲…そうだったのか…」
って最初は真剣な感じで音にひたってた。
 そしたら、思った以上に
ショパンの肖像画の髪型が気になって
 もーもー気になっちゃって。
演奏中に、ニヤニヤしないように ビシッと目の顔決めこんで〜(笑)。
演奏後の理恵ちゃんとのトークに専念。
 
 来年も、より多くの人たちと
ピアノを聞きたいな やりますよ〜
 

・次の日、11月4日は、札幌 ススキノで〜
→視覚障害者と聴覚障害者がトークイベント 札幌:どうしん電子版(北海道新聞)

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/244908


もちろん、この後半に相方の圭太とお客さんを巻き込みまして
歌と楽器の ラララ キラキラ ザザ〜ザザ〜っとやりましたよ♪
 
ライヴも、後のメシ会も
久々に、ろう者とガッツリしゃべったなぁ
見えない人いる、聞えない人いる。 いるいるいる。
 それぞれ、ある得意な情報をゲットして
その場を楽しむ 理解して溶け込む
少ない情報かもしれない それを大事にし合う それはそれで深くなる気がする。
 
 僕が触りまくった 共演者の宮(みやむら あきひろ)のボディー
手話ソング→「こいっつぁ本もんだ」って、お客さんより満足!?
 
 この2日間。 出演者なのに。
なんだか、遊園地の乗り物や、ブースを
あっち こっちって巡り巡って楽しんだ!?
そんな感覚〜
 
 実は、旭川→札幌→ そして、地元名寄でフィニッシュなのだ。
 ちょっと今は言えないスペシャルなゲストも
saxもって登場 コラボレーション♪
 ↑これ、聴く方の宮も 弾く方もすんごく興味持ってる
 
 ☆写心&エピソード、チラシ説明
写心1&2枚目: 9月28日 山形県米沢第一中学校
4時間目にトークを終え、給食も星野T(担任)のクラス皆と食べ
 5時間目の公民の授業中 〜 ナガオカ リーダー先生の!
 @一番後ろの真ん中の席 フムフムフムーっと聞きいる大平
 
「…○○○だべした! △△なんだよぉ(語尾が上がる)」
うおぉぉ 山形弁 熱い熱すぎるぅぅ
 
「…んじゃ次。 この、にカッコ読んでくれる人(語尾がちょっと上がる)」
 うおぉぉぉ
山形 (2)の事→数字を先に読むんだったぁ!そうだったぁ!?
 
 自動車免許の教習所、授業中の先生たちを想いだし〜
後ろの方の女子生徒が発表する真剣な声
&ちょいと振り向き ポツリポツリっと振り向き男子の声たちで パチリ!?
(一応、目立たないように?…着席したまま、カメラを持ちあげ)
 
*18mmのレンズ どうやってもヒキきれない場所 なかなかイメージ通り!
けど、次は、前の斜めから 生徒たちのスペースをひし形になるように撮ってみよ♪
それは窓側で! まずは太陽の温度で光量を感じてから。
 
チラシ2枚:12月9日(日曜)の北海道名寄ライヴの略
ちょっぴり早めのくりすまライヴ おニュ〜なお店で!
ジョブキタcmでおなじみ ♪手ぇをつなご〜はなれないよぉ〜に ギュッと!の
∞up∞=アップ(大平×田上)が歌とトークと食事交流会を
 〜 手話ソング 視覚・聴覚障がい者の対談!? 食事おしゃべり…etc 〜 
 
2018 12/9(SUN)
OPEN 14:30  START 15:00 
前半16:40終了 後半19:00 終了(予定)
 
場所Diningbar R’s(ダイニングバーアールズ) 
北海道名寄市西3条南5丁目14-1 サンビル2階 (マドンナさん上)駐車場なし
Aコース-前半のライヴのみ 定員25名 大人1,500円 大学生1,000円
中高校生500円 小学生以下200円
(1ドリンク付) 追加の注文は、その場でお支払い下さい
Bコース-ライヴ&食事交流会 定員25名 大人3,000円 大学生2,000円
中高校生1,000円 小学生以下700円
(ツードリンク付)食事はビュッフェスタイル→パスタ2種、から揚げ、ポテト等
他のメニューをご注文の際は、その場でお支払い下さい
 
前半-トーク&音楽ライヴ
1,盲目のカメラマン〈おーちゃん〉×伊達男ろう者〈みや〉 トークセッション
2,ろう者が師匠ちょっぴり手話ソングやってみよ
3,∞up∞(大平啓朗×田上圭太) パフォーマンス
 
後半-食事交流会
シンガーソングライター田上圭太のちょっぴりクリスマスソング演奏
ジャンケンでプレゼント!?
いつでも気軽に手話質問コーナー
 
・トークライヴや案内、アナウンスに手話通訳がつきます。
ご質問・お問い合わせ
E-MAIL hiro622@amber.plala.or.jp