★ お知らせ ★

ようこそ
『ふらっとほ~む』のホームページへ
訪問 ありがとうございます

☆必見『お~ちゃんブログ』☆
2009年6月25日から一年かけて達成した、『47都道府県 白杖1本写心撮影1人知らない お宅での民泊の旅』の旅のブログは、ここから どうぞ

http://blogs.yahoo.co.jp/nizamo622/archive/2009/6/26

沖縄→鹿児島→宮崎→熊本→佐賀→長崎→大分→福岡→愛媛・・・北海道
たくさんおの『ひと・もの・こと』との出会い
笑い声や応援メッセージを想い出すことで元気や勇気をいただきます
想い出すこと、それも1つの再開の形
つまりは、今 現在も『一期二会』

ニューなカメラと修行中 パート2 〜 24時間tv 頑張ってます動画に投稿

_DSF8555.JPG

あぁ、天気が…風邪が… びゅおぉぉぉ
出かける前、気が気じゃない大平です。
 

知人に薦めてもらって、
24時間tv、北海道のstv企画(かな?)の
『がんばってること動画』に投稿してみることにした!
 
選ばれれば、今週末の24時間tv(北海道だけの時間)、
どこかのタイミングで流してもらえるらしい。
 
こういうのはめったにやらない僕なんだけど、
案外っというか、意外とっといいますか。
動画を撮るの大好き!
気分がむいたら doなのだ。
 
そこで、今回の僕の『がんばってる』のテーマは、
写心撮影♪っとしてみた。
 
でも、「がんばってまーす」ってなんかいいたくなくて。
「いいよねぇ」って思ってる言葉だし、
なんなら好きな言葉なのに……。
 
たぶん、安易に他人に、「頑張って!って言っちゃダメ」。
そんな言葉を聞いて、
「そうだよな……相手考えなきゃだな…」
っと自分でも納得した時くらいから、
『頑張って!』が僕の中の、ちょ〜っと奥の方に入っちゃったんだな。
 
でもでも、今回。 自分を鼓舞するっていうなら、
「そういうことに関係ねぇじゃん!?」っと、今さらな感じで気付いて(笑)。
言葉『頑張って!!』を
僕の中から大解放計画〜
 

動画の撮影は、北海道の名寄市。
名寄駅から北の稚内方面に 汽車で ごっとんん ごっとん……
ひとつ目の駅が 日進駅。 そこに決定!
 
通過する汽車を撮影→カメラに振りむく僕→しゃべる!
うーん、完璧だ。。。
ほぼ迷いなし。 直観、頭にイメージ ぱっ!
 
この無人駅のすぐ横には、
色々とお世話になってる 日進‐ゲストハウス&韓国料理レストランがある。
韓国からきた、お母ちゃん&お父ちゃん(大学の先生)が営んでる。
僕ら製作mvの撮影&クルーの基地だった……
娘(当時は小学5年生)のソヒョンが出演してくれたな……。
 
「お〜ちゃーん、どうしたんですかぁ?」
車を降りるとすぐに聞えてきた、お母ちゃんの声。
かくかくしかじか……そこで動画を撮ることを説明。
 
僕と、動画カメラマンの友達=寺ちゃんは、
事前に調べておいた汽車が来る時間、
それも停車じゃなくて、通過するっという汽車の時間に
そこそこの場所でリハーサルと、スタンバイ!
っんが! ここで気付いた!!
→→ 踏み切りの音〜〜 ヤベェべやぁぁ
「汽車の走行音は、通過してから僕がしゃべり始めればいいよね」なんて、
余裕ぶっこいて貼りつけていた笑顔が、ぶっとんだ。
「汽車きちゃう。う…いま何分!??」
 
たったたたたったたった たたんたんたんたんたん た
無人駅と、踏切のある所から名寄駅の方、線路沿いを歩くこと約5分。
「ここぞ汽車も木々にディフェンスされなそうなポイントを発見。
僕、顔が陰にならないよう太陽の方向、
続く線路……イメージばっちり!
あとは、一発勝負、僕がしゃべり カマないかだけ。
 

こんな風にかいたけど、明日から関東、まずは横浜。
リアルタイムでみられなーい。 そもそも選ばれるのか♪
しかし、この風で汽車と飛行機だいじょぶなのかなぁ。
ということで!
今から札幌まで行っちゃうことに! 
 
☆写心説明-エピソード
カーン! カーン! カーン!
……こっこ っこ っこっこ こっ…………
「カメラ(動画)まわしてくださーい。 よ〜い パチン!(手)」
…(白杖を縮め一脚代わり、カメラ構える片膝立、普段より爽やか笑気分の僕)……
…。
「汽車ぜんぜんこないね……」……。
…… ……ごっご ごっご っごあっ ごっご! ごっご!
きた♪
 
…僕の指が入ってしまっているという痛恨のミス!
これは、マジで気をつけなきゃっと、修行心をアップ(苦笑)。
 

ニューなカメラと修行中 パート2 〜 24時間tv 頑張ってます動画に投稿” への1件のコメント

  1. 9月3日の泉岳寺駅から羽田空港まで、宇宙のことでお話しさせてもらった者です。
    曇ってましたが、どす黒い雲でなく一面灰色できれいな曇りかたでした。
    いつか宇宙に行きましょう