美術館、そこは心の美しい方々が〜名古屋は でら優しいだもんで〜

 0度以下じゃない時間帯が増えまして。
「も、も、もちょい雪溶けてくれたら…。
せっめて歩道の端っこに居残ってるアイツらだけ……」
スピード上げての、春の散歩 待ち遠しい僕です。
.

 僕、2月の末に。 名古屋ででっかい?美術館に行きました。
バリアフリーなんちゃらっとか、そういう企画のものではぜんぜんないやつです。
「お、絵みに行くべ」みたいなノリで気持ちのままに。
 ちなみに、美術館なんてめったに行きません。
それは行けないとか、楽しみにくいんだよねぇとか、そういうことではなくって。
ただただ近所にない…みたいな理由。
 少なくとも、200キロ圏内には無いはず、たぶん…
もしも札幌にあればっという数字でです。
.
 この美術館賞が、もうなかなかに良かったわけですよ!
予想をして行ったわけですが、これ、みごとに的中!てな具合で有ります。
.
 美術館。 人はほとんどいません。。
新型コロナの影響なのか、普段からなのか、
それはどうか分かりません。 そんなの聞くのもヤボってなもんでしょ!?
 シーーーン スゥーーーー
展示室の無音が心地いい〜 〜
.
 「あのぉ…すみません。立ち去る前に一つお聞きしたいんですが…
お時間よろしいでしょうか?」
と、展示室で僕と2人になった人に問う。
.
「あなたはこの絵から何を感じましたか」
「なぜ、今日、ここに足をむけたのですか?」と1つ、2つ聞いたわけですよ。
もちろん、「迷惑じゃないかなぁ」という気持ちはありましたけど。
.
 ところがところが。
初老(と思われる)の方。 30代のお姉さん(と思われる)。……。
皆さんご丁寧に話して下さるわけですよ。
「え!?そうなんですね」と、最初は僕が見えない事に驚きながらも。
.
出会った方:「お母さんと思われる女性が子供を抱いていて。
その子供を見る表情が、こう…全体の色合いからより優しく……。」
僕:「その色合いが作品の…印象……ふむ、ふむむ。」
出会った方:「母性という…眼が生きていることを……。
時代を想像してその場の空気間が……」
僕:「…時代。……。…。空気…。」
出会った方:「はい。…わたしには、、そう…」
この会話で、例えば3分とか、5分とか。
.
 うーん。 なんといいますか…。
今回、僕に質問をされた方はとんでもなく突然だったわけです。
何の準備もないまま、その時に浮かんだ言葉を紡ぐわけです。
それが逆に良かったのかもしれないな、って。
.
どんなものが描かれているっとか。 どんな色が使われていてっとか、
そういう事を細かく知ることよりも、
作品全体を雰囲気で{みる}ということの良さ。
そんなことを実感したんだ。
 そうなの。 細かく教えてもらうよりもよっぽど、
今でも頭に鮮明にその絵がうかぶ。
.
そういうことなんだな…。 そういうこともあるんだよな……。
.
 僕は今後、どこかでその絵を前にしても、
名古屋の美術館で30分間ほど対峙した、
あの作品だと気づくことができないかもしれない。いや、たぶんできない。。
でも。 それでもいいんだよね。
誰にも教えられないお気に入りの会が、みっけ♪
.

 念のために(笑)。
バリアフリー。視覚障がい者も楽しめる。
内容の説明有。 触ることができる。
そんな美術館や施設、イベントも好きだし。大切だと思ってまーす。
でも、自由がほしかったんだなぁ。今回は。
いや、違う方法で感じてみたかったんだなぁ。慣れない街で。
     ギュギュゥって 記憶に残るから。。。

地球一周は、じっくり待つべし?チャンス到来? 〜碇は横浜港の底のまま〜

P1040540.JPG P1040543.JPG

 新型コロナウイルス…。恐ろしい…。とは思いつつも、
「まるで小説の話のようだな……」なんて考えてしまったり、、大平啓朗です。

 去年の5月17日から。 僕の人生の大きなスパイスになる!
そうワクワク&ドキドキしながら準備してきた世界一周の路は、
その約9カ月後に一度…ストーープ!! 3月2日のことーー
一度ストーーーップ!!! 壮行会を終えたあとーーに♪
 4月出発のpeaceboatクルーズ…やはり中止になってしまいました。
.
 でもですね。 考えてみれば、去年の誕生日を目前にして、
6月21日に、「同伴者いないとちょっと難しいですね」…。
 この、クルーズ説明会で言われてしまった
→ 全盲者の単独乗船は『難しいですね』の方がよっぽど、
「え!?マジ?……」 ショックでして……。
(この後、peaceboatさんとの綿密な打ち合わせにより乗船okに♪)
 つまり?かな、僕はpeaceboatの4月クルーズの中止には、
あまりヘコんでもいないですし、動揺のようなものもないのであります。
.
 がしかしですね。 クラウドファンディングで応援団になって下さった方々や、
ちょっとウキウキ感を出していたような気がしないでもない両親には、
「あぁぁ、お返し(お土産)が遅れちゃうから
ほんとにもうしわけないな」の気持ちではあります、はい。。
.
 それとここまで準備するにあたり、
けっこう多くの人に知恵と力と、技術をいただいてきたわけで。
それについても、「ごめんなさいですよー」の気持ちも。。
.
 でも大丈夫!でございます。
僕はもしも次は同伴者役の方がみつからず、
船での世界一周がムーリーってなったならば、
まずは一発!単独で飛行機&汽車で周ってしまおうって考えていたくらいですから。
旅を止めるっという選択肢はまったくないのです。
 もちろん、クラファンのご支援者に
色々とお伺いをして色々と決めていきますけどね。
.
 現在、中止になってしまった4月からのクルーズでは考えていなかった
→ 様々なモーションを、妄想中
出港の中止が決定した3日前から、
仮想地球散歩を満喫中♪〜
.
 それでもね。 色んな人に、
「大丈夫だよ」 「チャンス、またあるって」
「神様がちょっとだけ待ってって…」などとたくさんの言葉をいただくと、
『なんだかそんな気分になってきた』というのも本当の気持ち。
「え!?俺って悲しいシチュエーション??…。…そ、そうかもしれない…」って。
「…あぁ、準備いっぱいして、ニコニコしてたもんな俺てば…」って。
.
「人って?僕って客観的に自分をみないと、
あんまり気づけない事…あるのかも」って思った。
.
 次になるクルーズは、どんなに早くても
1年以上後になるかなぁ。
 僕は、「生きているうちにやりたいぞ!」と想っている事がいくつかあって。
うーん、、今パッと浮かぶだけで、
4,5…6?ってなぐらいの数はあるんですね。
 なので、その中のいくつかを、
次の旅に出発するまでに
攻めちゃえぇぇって。
   …ちょっと、今、、自分を鼓舞した、かな♪
.

 2月中の本州で開催していただいた
結果的にはフライングまくりになっちゃったの世界一周、壮行会(笑
よかったんですよぉ!!  新しい出会いはもちろん。
会ってみたいなぁっの方や、やっぱ好きだよ!っの方…色々。
 埼玉→東京→愛知→神奈川〜
6日間、連続で、大小様々な壮行会〜 楽しかったな、ほんとに。。
.
☆写真の説明&エピソード
 ○ 1枚め。
東京、八丁堀。 友達=阿部ちゃんのオープン直前な
1080、テンエイティっというスペース。
木製のスピーカーが天井にブワ〜って広がる←日本で初空間!!
そんな場で、大山峻護・桜香純子ご夫妻が主催してくれた
僕のトークライヴ壮行会♪ 満員御礼な会場はアットホ〜ム
 地元、名寄のsax深田元晴アニキも駆けつけ演奏2曲ぅ
峻護さんが格闘家としてリングに入場する時の曲を ぱらりらりぃ〜
.
 ○ 2枚め。
愛知、豊橋。 タコス酒場 メキシポン
2019年7月2日に出会ったホセ(日本人)がやってるー
もの、、ものすんげータコスがウマイお店!!
タコスがこんなにウマイなんて…知らなかった。
しかも、安井〜〜 200円代とか。
種類もいっぱい→ 魚、ビーフ、ポーク、チッキン、エビ…
チーズヲ入れても否でも♪ 巻く皮も→ ペラorモチッ
っと、とにかくウマイ物いただき後に、トーク=交流会〜
 少し離れた所からご足労いただき…視覚障がい者の友人が2名♪
お初のお2人とお会いできたのは、今回の本州旅のBest5,happy〜
.
 ”視覚障がい者も聴覚障がい者もみんなで楽しめる動画《素敵なこの世界》

https://www.youtube.com/watch?v=qwUkKA5LMbc&feature=youtu.be

↑は、
 大山ご夫妻主催の壮行会=バタフライエフェクトの最後
シンガーソングライターの湖霧晴ちゃんとのコラボ
僕の右に峻護さん 歌=晴ちゃんの左=純子さん。
晴ちゃんは、僕の曲≒僕を想って?作ってくれたものも
いつか、ここで紹介しますねぇ