音がこぼれるプチ飲み屋街♪〜 お兄さんのイメージもバツグンだった!?

010482jpg.jpg 020379.jpg 030371.jpg 040319.jpg 050392.jpg 060338jpg.jpg 070472.jpg 080507jpg.jpg 090514.jpg 100521.jpg 11P1040313jpg.jpg 12P1040315jpg.jpg 13P1040316jpg.jpg

「いやー 太陽さん。なかなかすれ違う時間が増えた今日この頃だねー」
寝るのがヘタクソな僕です(笑)。
.

先日ですね。 僕の住む北海道の名寄市のスターの一人
ロッキンsax吹きの深田元晴アニキ
お仲間さんと一緒に、市内でライヴをやってくれたの。
.
それで僕はちょっと早めにのり込ませてもらうことに。
ステージとかの光度合いを知るために♪
.
会場となるビルの下 ズズッチャ ドドドドッド パラリパラリ〜
街の繁華街でリハの音♪ 普段の景色が カラフルに〜
白いご飯に のりたま&鮭フリカケを一緒にかけたような 輝き!?
僕、意気揚々と3階まで駆け上がる たったった 手すりは必須!!
.
今回のライヴ。 演奏を聞く以外にも楽しみがあった。
そう! 出演する椎名純平さん(以降=ジュンペイ)と会える〜ってこと。
ここから少し、ジュンペイさんのイメージを、僕なりのやつで書きたいと思う。
 * ちょっと失礼?な感じかもしれない……ジュンペイさん ごめんなさい
.
まずはお知らせ→ジュンペイさんは→椎名林檎さんのお兄さん。
んで、ジュンペイさんに会う前はさ
僕も、林檎さんの顔を知ってるわけだから「似てるのかなぁ」とか
「骨格近いから、喉の辺りから響くリアルな振動とかもあんな感じなのかな」とか
「いや、先入観で会ってはいかんいかん…」とか
ってな色々で、頭の中がgwの道の駅くらい渋滞してたの。
.
リハを終えた直後、ついにジュンペイさんとご対面〜
「名前、なんて呼んだら?……」みたいな話から。
{注意} この時に→呼び名を ジュンペイと、おーちゃん という契約?〜
.
このファーストコンタクト時。 僕に浮かんだキーワードがいくつかある。
『晴れ男』 『胸板=タフなアンプ』
『ちょうどいい焼け具合の目玉焼き』
といったあたりが代表的なところだ。
一応、3つめの『目玉焼き』について説明しておこう。
.
白身の部分は、しっかりと熱が通って→綺麗な『白』。
それから君の部分。 表面の膜にはあまり熱がとどいていなくて
まだキラキラキラッて 潤う黄色いままの状態。
純粋な 誰がなんと言おうと
→→『黄』っていう色。
白と黄色が完ぺきなコンビ。 イキイキパーセントhigh!
つまりね。ジュンペイさん=イッキイキ♪ということ。
.
そのまた直後。…… ま、色々とあって
元晴さんと、ジュンペイさんと3人でコンビニへ買い物に行くことに。 約100m〜
ジュンペイさん:「おーちゃん 何かサポートした方が歩きやすい?
なんでも言ってね。わからないからさ」
おーー、なんて素敵な言葉!!!
涙がちょちょぎれそーになった。 演奏とかどうでもよくな……
とはならず。 よりパフォーマンスが楽しみになった。
.

そして、もうひと方。
シンガーのkeycoさんのことも書きたい!?
*僕は気づけていなかったけど、帽子を?、ハットを?かぶっている…らしい
.
本番演奏中。僕は、目の目の前に座ったのね。
いや! 膝の前だったっというくらいの距離だった。
.
バッ ブッハッ ヴァッ ヴォア!……
僕の顔や身体にぶつかってくるのは、空気の塊。。。
大きさで言うと…そうだなぁ……。
立派なメロンとか、スイカくらいの。
ぶつかってくる強さは…そうだなぁ……。
「ちょっと起きてよぉ」って トントンされる時くらいのヴァフ力。
.
バッ ブッハッ ヴァッ ヴォア!……
なんと keycoさんの 動きのエネルギッシュなこと!!
「どうしてこんなに元気なんだろう?」 「エネルギーの元は?」
「スタミナどれくらい続くんだろう?」……。
.
僕が小学生の時に見たグーニーズっていう映画にあったシーン
 → シンディ・ローパーの熱唱
そのスペシャルパワーに衝撃をうけた時のことを思い出したんだな。
.
☆写心&写真説明 それらのエピソード♪
*以下は、当日の時間の流れであり、画像の順番ではないかも…
・「うぉぉ 近いよ近い! なまらすぐそこだって!
おーちゃん!! keycoさん 手とどきそーなくらいだよぉ!?」
隣にいたカフェ『アールエス』のマスター=マコも大興奮〜
.
・「きたきたきたー 晴くん寄ってきたー 離れてった…あっまたきたー」
saxブインブインからーの しっとり ぷぅぁぁ〜……
観客達が 僕の後頭部に遠慮ないエネルギーを… ぅんだぁぁ!!!って
.
・途中休憩中も室温の上がったフロアーは久しぶりの再会やらで談笑づくし……
さっきまでガン見されてたステージ…誇らしげに…そして何かをたくらんでるような
.
・優しいジュンペイさんの声…「その距離なら生声きこえるよー」
シングルから、どんどん増える仲間たち…音が混ざりあって
どこで聞いていても、響きで熱で繋がる〜
.
・「はーい。 ちょっともう1枚いかせてけろっ!」
公式?集合写真撮影の直後、みんながバラけかけて。
僕が「感じなかった方は、フレームアウトしちゃうかも〜」ってパチリ!
*結果…フレーム内、下側の主役はソファー(汗&涙)
.
・「まずは食べて! もーね説明できないってこの味は」
旨いかどうかを問われた先に食したマサのセリフ。
この後、30分後…くましろう、のラーメン美に全員涙した。
ジュンペイさんの隣の僕、前方にグィーっと手のばし(自撮りのような) パチリ!
*左から。ジュンペイさん→店主ニシケン→keycoさん……
.

令和に突入…?いつだっけ…初、地元で桜をみてたから 〜あのヤベースポットが…なんと〜

_DSF0077jpg.jpg _DSF0197jpg.jpg _DSF0208jpg.jpg _DSF0212jpg.jpg _DSF9917jpg.jpg

 うぉ!? 北海道〜 桜前線が
例年よりも早く上がってきたぁ!!
とか言って、ここ数年は桜とほっとんど触れていないような気がする僕です。
.

「これ? え! 桜なの!? 白く…ないよ……」
 うん。 山形で、18歳の僕がつぶやいた言葉。
ピンクじゃない花びらに衝撃を受けてから時は流れ〜
……中学&高校時代を過ごした
北海道の名寄市の公園。
やってきました! 初の桜雰囲気→名寄公園〜
.
「人いるじゃん ちびっこもはしゃいでるじゃん」
昼休み時だからなのか…駐車場の一角。
僕の近くにやってきた車 ブィ〜ンっと頭からつっこんで停車 ピタッ!
んでもって、そのまま運転席でコンビニ弁当らしき物をパクついて
……バックオーライ &去っていく人もいた…らしい。
花見の時期だけ? 普段も来てるの?
.
 中学生の時に写生会できたのは
たっしか夏…だったよな…。 緑緑してたもんな…。
 当時。 この公園の池で、ボートに乗ると
街の不良に岸から 石をバンバン ドボ〜ン ドッボ〜ン 投げつけられ
さらに運が悪いと → 返却場所で待ちぶせされる……
なんていう、なんまらデンジャーなスポットだった。
(僕ではないが 本当にあったヤベー悲しい実話♪)
.
 写生会当日。
「放課後に、また描きになんて来たくない」っと。
授業の時間内に、かなり必死こいて完成直前まで無理やりもっていった。
あぁ、懐かしいな。あのやっつけ仕事で描いた絵♪
 時間をかけない??下書き→ 色んな要素を入れずに どアップの木!?
葉っぱは、7枚とか、10枚とかそのくらい。
幹は、おじいちゃんの目じりのシワのごとく 濃く深い波波〜にょろにょろろ〜
.
 まさか今年は、そんな公園で桜の花見。
あの背筋が凍るようなスポットにほのぼのした季節があるなんて……
  なまら驚きだべさ。
.
☆写心&写真説明&エピソード
1枚目:「桜の香り、あんまりしないなぁ…近づけば…」
サワサワさわっと 花弁と、枝野シナリ感を!? おぉぉ…。
「太陽、出たり隠れたりだな…色生えたイメージの方が撮りやすいのに…」
.
2,3枚目:「さて。 懐かしの池 ぼ〜っとしますか
たそがれちゃうぜー。 ……ここあんま人、通らないんだな……」
ワンコさん。初老?のご婦人?後ろから失礼しまーす!?
おっとぉ あっちは家族できたのかぁ… うんうん♪
.
4,5枚目:結局、距離で絵をイメージするんだから
僕がシャッターきるのと そんなに変わんなくねー?…てことでカメラを渡して
「もうちょっと下がって も、もちょと…そうそこそこ!
ここを真ん中にして、半押しして……印象が桜に寄り過ぎないように…
全体に木を…いや、犬、呼ばなくていいです。カメラ目線むしろnoで…今です!?」
こんな感じで撮るのも楽しいな♪っと知る!!!
ベンチに座る=いつも(犬)と僕。
.
 {製作した動画}
《世界初!?》監督は全盲者!視覚障がい者も聴覚障がい者も楽しめるライブ映像

https://www.youtube.com/watch?v=nCfCglbZusA&feature=youtu.be


mail→hiro622@amber.plala.or.jp
・FB→hiroaki ohira
・インスタ→blind_photographer622jp
・ツイッター→blind_photo622
.