ニューなカメラと修行中 パート4 想い出の道は、数分経てば速新道

_DSF8929jpg.jpg _DSF8938jpg.jpg

雪だよー 雪だよー 雪ですよぉぉ
北海度は、やっとの雪!!
 
僕がね、何前回も歩いた道。
さっき、「ちょっと車停めてけろっ」って。
頭にたっさに積雪。 積雪…たさり たっさり………。
寂しくなった街路樹の 包み込む 音の
 
名寄高校前の道 遠くに主要な国道 走る車音……。
深夜の0時直前の道は 静かにのびているのだ。
 
わが母校は、新校舎 けれど。。。

* 18mmのレンズ。縦のスケールをイメージし右後ろからの街灯で自分も登場。
  タイヤ痕を入れ込みたかったけれど…。
けっこうな雪、カメラが心配に。 対策必要…急に撮りたくなり過ぎるからね(笑)

 

道内2会場のライヴはちょっぴり異色なコラボレーション♪ 〜米澤の授業は 本物の言葉なんだずぅ

_DSF8839.jpg _DSF8841.jpg WEB.jpg WEB_2.jpg

道内の2大都市をポン ポンっと移動して〜
先週は、ライヴ連日、お腹いっぱい
 
・11月の3日は、旭川 神楽で〜
 会場は満席以上の、立ち見者も!
久々に、真横で聞いた 本気のグランドピアノ→山崎理恵!ちゃんの!
 
 子犬のワルツを聞きながら
「ショパンが自分の飼っている犬…クルクル回るのを見て作曲…そうだったのか…」
って最初は真剣な感じで音にひたってた。
 そしたら、思った以上に
ショパンの肖像画の髪型が気になって
 もーもー気になっちゃって。
演奏中に、ニヤニヤしないように ビシッと目の顔決めこんで〜(笑)。
演奏後の理恵ちゃんとのトークに専念。
 
 来年も、より多くの人たちと
ピアノを聞きたいな やりますよ〜
 

・次の日、11月4日は、札幌 ススキノで〜
→視覚障害者と聴覚障害者がトークイベント 札幌:どうしん電子版(北海道新聞)

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/244908


もちろん、この後半に相方の圭太とお客さんを巻き込みまして
歌と楽器の ラララ キラキラ ザザ〜ザザ〜っとやりましたよ♪
 
ライヴも、後のメシ会も
久々に、ろう者とガッツリしゃべったなぁ
見えない人いる、聞えない人いる。 いるいるいる。
 それぞれ、ある得意な情報をゲットして
その場を楽しむ 理解して溶け込む
少ない情報かもしれない それを大事にし合う それはそれで深くなる気がする。
 
 僕が触りまくった 共演者の宮(みやむら あきひろ)のボディー
手話ソング→「こいっつぁ本もんだ」って、お客さんより満足!?
 
 この2日間。 出演者なのに。
なんだか、遊園地の乗り物や、ブースを
あっち こっちって巡り巡って楽しんだ!?
そんな感覚〜
 
 実は、旭川→札幌→ そして、地元名寄でフィニッシュなのだ。
 ちょっと今は言えないスペシャルなゲストも
saxもって登場 コラボレーション♪
 ↑これ、聴く方の宮も 弾く方もすんごく興味持ってる
 
 ☆写心&エピソード、チラシ説明
写心1&2枚目: 9月28日 山形県米沢第一中学校
4時間目にトークを終え、給食も星野T(担任)のクラス皆と食べ
 5時間目の公民の授業中 〜 ナガオカ リーダー先生の!
 @一番後ろの真ん中の席 フムフムフムーっと聞きいる大平
 
「…○○○だべした! △△なんだよぉ(語尾が上がる)」
うおぉぉ 山形弁 熱い熱すぎるぅぅ
 
「…んじゃ次。 この、にカッコ読んでくれる人(語尾がちょっと上がる)」
 うおぉぉぉ
山形 (2)の事→数字を先に読むんだったぁ!そうだったぁ!?
 
 自動車免許の教習所、授業中の先生たちを想いだし〜
後ろの方の女子生徒が発表する真剣な声
&ちょいと振り向き ポツリポツリっと振り向き男子の声たちで パチリ!?
(一応、目立たないように?…着席したまま、カメラを持ちあげ)
 
*18mmのレンズ どうやってもヒキきれない場所 なかなかイメージ通り!
けど、次は、前の斜めから 生徒たちのスペースをひし形になるように撮ってみよ♪
それは窓側で! まずは太陽の温度で光量を感じてから。
 
チラシ2枚:12月9日(日曜)の北海道名寄ライヴの略
ちょっぴり早めのくりすまライヴ おニュ〜なお店で!
ジョブキタcmでおなじみ ♪手ぇをつなご〜はなれないよぉ〜に ギュッと!の
∞up∞=アップ(大平×田上)が歌とトークと食事交流会を
 〜 手話ソング 視覚・聴覚障がい者の対談!? 食事おしゃべり…etc 〜 
 
2018 12/9(SUN)
OPEN 14:30  START 15:00 
前半16:40終了 後半19:00 終了(予定)
 
場所Diningbar R’s(ダイニングバーアールズ) 
北海道名寄市西3条南5丁目14-1 サンビル2階 (マドンナさん上)駐車場なし
Aコース-前半のライヴのみ 定員25名 大人1,500円 大学生1,000円
中高校生500円 小学生以下200円
(1ドリンク付) 追加の注文は、その場でお支払い下さい
Bコース-ライヴ&食事交流会 定員25名 大人3,000円 大学生2,000円
中高校生1,000円 小学生以下700円
(ツードリンク付)食事はビュッフェスタイル→パスタ2種、から揚げ、ポテト等
他のメニューをご注文の際は、その場でお支払い下さい
 
前半-トーク&音楽ライヴ
1,盲目のカメラマン〈おーちゃん〉×伊達男ろう者〈みや〉 トークセッション
2,ろう者が師匠ちょっぴり手話ソングやってみよ
3,∞up∞(大平啓朗×田上圭太) パフォーマンス
 
後半-食事交流会
シンガーソングライター田上圭太のちょっぴりクリスマスソング演奏
ジャンケンでプレゼント!?
いつでも気軽に手話質問コーナー
 
・トークライヴや案内、アナウンスに手話通訳がつきます。
ご質問・お問い合わせ
E-MAIL hiro622@amber.plala.or.jp