nttプラリティーのウェブ雑誌に&停電中の全盲者は活躍できるのか!

P1040999.JPG

前回から一か月以上たっての日記…。
でも、この間。
僕は、元気も元気、色々ありました。
色んなところ?へ行っていました。
札幌、東京、愛知、大阪、神戸。
 
今、まさに文章を書くことが多い時期でして。
そうなると、この日記の更新がおろそかになるんです。
このことはだいぶん前に自分でも気づいたこと。
頭の中の作文モードが、日記意外に集中しちゃうんですね。
それに抵抗しない僕は、
そのモードにのっかったままで、キーボードと向かい合うんです。
「うわぁ、いい感じに文が続くー」ってノリノリで。
まっ、こんな話は長くするもんじゃないですね。
そうでなくても、タイピングが遅いので、時間がもったいなーい。
 

たっくさん書きたいことあるけど。
まずは、これを書きます。
一昨日に、ウェブ雑誌に紹介してもらいました。
2回に分けてなので、本日は2日目っとして新しいページが公開。
ありがたいことです。
→→『当事者目線で伝えるみんなの「ユニバーサル」情報サイト』
というサイトで、NTTプラリティーさんっという会社が
作っている、出しているものです。
 
内容は、僕がプロデュース、監督、脚本、曲つくり……した
世界初のユニバーサルデザイン化したミュージックビデオについて
&47都道府県を民泊で1年間かけて一人旅した時の話です。

https://www.u-x3.com/

掲載されている写真には
すべて内容説明がついてますよー
 
そう、このnttプラリティーさん
働いている人の8割が
なんらかの障害をもっている人。
これは、すごいぞ。
少数派が、健常者ってことだもんね。
マジョリティー≒障害者♪
停電したら、全盲の方がより動けるぞー
って割合逆転の感じ?に似てるかな。
 
あっ!
そうそう、ここで勘違いされている人いるかもしれないので書いちゃいます。
 
確かに全盲の人、光ってやつに頼らず
つまり、物を見ないで生活しています。
っが!
「停電になっっても、まったく問題ないねー」
っと言われても。
それは、ちょっと違うとおもうんです。
 
もちろん、真っ暗でも歩きます。
家が停電しても 「そうなの? へぇ」
テクテクテクテク
ぜんぜん怖くないです。少なくとも僕は。
 
でもね。
ブレーカーの位置を知っているからこそ活躍が引立つものなので
見た事なければ、「よーっし! 俺にまかしちょけー …ってどこにあるの?
…え゛? 玄関入って右側の…? 靴箱の斜め上の方にあんの?」
ってなります。
そこからなんです。
家のブレーカー、見た事なければ
トントントントンって探しにいって、すぐにみつけられるわけじゃないんです。
ということもあり、僕は、「ここだけは誰よりも活躍しなくっちゃ!」ということで
家のブレーカーの位置を確認したことがあります。
けど、ぜんぜん覚えていません。
なので、今日、もう一度確認しようとおもいます。
 
はい!
nttプラリティーさんでのインタビュー
楽しかった。
でも、駅に迎えにきてくれて一緒に会社までバス乗って
テクテク歩いた時間。
ヘンリーさんとワイワイしながら
色んなことを教えてもらいながらの時間もよかった。

 
東京三鷹でのインタビュー
ちょっと時間無くて…。 時間がぎゅうぎゅうだった…。
今度は、どんな感じでみんな仕事してるか聞きにいきたいな。
 
NTTプラリティーさん
一緒の時間を過ごした方々
笑った笑ったしゃべったね。
また会いましょうね〜 ありがとうございました。
 
<写心説明>
1枚目:今回の内容とは全く関係ない。
次回の?予告!
札幌にいる友人。ちょっといい男。活きのいい男。
っが映っているはず…(録音メモがイマイチで…。
ソバ食ってる人映ってたら 正解。 平間栄一♪