懐かしの石川県上空

雪が多く
凄く気温が下がり
なんまらシバれがキツくなってきた北海道から
こんばんは
大平です。

本日は、私の育った名寄で新聞に載せていただいたものを紹介させていただきます。
名寄新聞様
ありがとうございました。
(新聞社には確認済)

名寄新聞社 地域ニュース

http://www.nayoro-np.com/news/index.html

中島良監督とは、函館で開催した
北海道ユニバーサル上映映画祭で
『RISE UP』の上映後
2人でトークをさせていただきました。

2009年秋
旅の途中だった私は
「あ〜空を飛びたいなぁ。あ〜飛びたい」とおもっていたのです。
そこで、↑↑の映画の公開時期と重なり
トークを中島監督と全国で一緒にすることになりました。

「あ!パラグライダーがあるじゃん!」とおもい、映画の舞台になった石川県に行き
私は上空600メートルをヒューと飛んできたのです。
前後左右揺れる
スーパーブランコという感じで!
色んな温度のスポットがあったり
風向きも様々。
ぜひ、またやりたいです。
そして、お勧めです。

の時

∞UP∞のmv撮影トーク&音楽ライブ

P1030476.JPG P1030477.JPG P1030478.JPG

こんにちは
トーク・音楽ライブを日曜日に終了した。
大平啓朗でございます。

今回のライブは、今 作成中のミュージッくビデオの撮影も一緒に行いました。
撮影を担当してくれたのは、
映画監督の『中島良』さんです。
ちょっと、良さんの紹介をします。
07年長編自主映画『俺たちの世界』が第29回ぴあフィルムフェスティバルにて
審査員特別賞を含む3賞を受賞、同作品はバンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国
際映画祭など海外の映画祭多数に招待され、08年7月のニューヨーク・アジア
映画祭で最優秀新人賞を受賞。

09年『RISE UP』にて商業映画デビュー。

オリジナル脚本(入江信吾との共著)「静かなひと」が09年サンダンス・NHK国際映
像作家賞のファイナリストに選出される。

11年(株)SDPから独立。フリーランスとして様々な作品を監督。

撮影から編集、CG合成まで個人で作業でき、テレビ番組や舞台映像制作まで幅広く活
動している。
●主な監督作品
『スイッチを押すとき』
『幕末奇譚 SHINSEN5 剣豪降臨』(予定)
『俺たちの明日』(予定)

という方です。
私は、09年『RISE UP』の全国上映の際に、
上映後、舞台で2人でトークをするというところからの関係なので、かれこれ4年も
経ちました。
あっという間です。

良さん
北海道は初だったので、あまりの雪の多さに。
「白いですねぇ」っと感心も含んだように印象を話していました。

私にとっても
ライブを一緒にやった∞UP無限の愛棒『田上圭太』KEI?にも、
演奏メンバーも、お手伝いして下さった方にも
濃い1日2日でした。
次回の撮影は、1月末か2月の頭を予定しています。
お近くの方で、出演の協力をして下さる方がいらっしゃいましたら
ぜひ、連絡を下さい。

☆写心説明
画像小さいかなぁ
ステージから会場の皆さん
「お花屋さん メイク屋さん かわいい洋服…」と手話で参加をパチリ

☆写真説明。
ライブ終了後、出演してくれた子供達
みおちゃん、えいた君、ひなちゃん、うたちゃん、たえちゃん、あんな
さん
監督…仲間達とでパチリ

2人トーク 高橋歩さんと下北で♪

P1030438.JPG P1030440.JPG

北海道はスッカリ雪です!
こんにちは
おーひらです
2週間の出張を終えて帰ってキタのが先週です。
ふ〜
風邪ひきました
いつもなんですが…。
体力を使い果たしちゃうんですね。
ちなみに、今回は、4日目でダウンぎみでした。
新潟→神奈川くらいでした 関東に入る前…。

はい
話は変わりますが
11月26日に東京の下北沢で
お話会をさせていただきました。
2人でのトーク!
しかも、リードしてもらって話を進めてもらったので
楽ちん?な感じでフリートークでした。
空いては『高橋歩』という自由人!
自由人??て思うでしょうけど
↓が高橋歩さんの会社のページです
A-Works

http://www.a-works.gr.jp/datalink/

トークライブは楽しかったです
結構凄いところを質問してくるんですよ。
「よく そこ気付きますね」っていう視覚障碍者しか感じないようなこととか
「あっそこ聞いてくれます?」のようなことも。
面白い感覚で生きてるんだだなぁっとおもいました。

はい
初めて書くんですね♪
はい
私 大平啓朗は、フォトエッセイを出版予定なのです。
現在、執筆中で、時間をみつけてはパソコンの前でパコパコパコ
「あっこれ思い出した!」
となれば携帯で自分のpcのメールに送っておくという作業を日々しております。

そうなんです
出版社が↑の歩さんの出版社でさせていただくわけです。
友達&仕事
付き合いをさせていただいております。

出版の打ち合わせを歩さんのお店でしようということになり
「じゃあ。トークしちゃおうよ」(歩談)
という流れで2人のトークライブ!!です
すでに終了したイベントですが、ちょっと、こんな感じです。

-cafe-bar FREE FACTORY

http://freefactory.weblogs.jp/blog/2013/11/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83

%88%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B1126%E7%81%AB-%E9%AB%98%E6%A
9%8B%E6%AD%A9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E9%A3%B2
%E3%81%BF%E4%BC%9A%E7%B7%8A%E6%80%A5%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%B1%BA%E5%AE%9A.htm
l

執筆作業というのを初めてしているのですが
楽しいです。
自伝&フォトエッセイという内容なので、少し昔のことから
ずっ〜と前の事まで想いだし
日記を読み?聴きかえして書いておりまして、自分て「こんなんだったなぁ」とか考
えてしまうと
「これから、こうしていきたい!」とか頭がキリかわってしまって全然進まなかった
りするんです。
慣れないですね、なかなか。
多分、「ものづくり」が好きなんだとおもいます。
ウマくいかないんですけど楽しいんです〜
今回は、出版と同時にリアルタイムで朗読を作ろうと必死になっております。
視覚障碍者ですと、結構街のボラさんとかによんでいただけたり
点字図書館というところで借りれるんですが。

もっと、たくさんの人に呼んで?聴いていただきたいとおもい自らもリアルタイムで
発信しようとおもってます。
ただ、それでは、私が作る意味がないので。

本には無い。
歩さんと私の本を出版するまでの
苦労
聴きどころ・
等を得点みたいな感じで収録しようと考えていました。
それで、選んでいただければいいかなぁっとおもっています。
はい
『選べることが重要』なのではないかと大平はおもうのです。
映画を観る時
字幕?吹き替え?のように。

本であれば
紙?音?のように。

それでは、出版については、また発信させていただきます。

☆写心説明
トークライブのステージ側から
ちょっと、自信がないのですが
というのも
拍手をもらったときなので、どこにいるのかが解りにくかったのと
カメラのメモ録音があまり聴き取れないのです。
多分、一緒にカンボジアで活動してきたJHP-学校を創る会の仲間の方を向いてパ
チリ
僕は本当に仲良くしてもらってます。
ちなみに、みや、ながと、あこの3人が写っていたらいいなぁ。

写真説明
トーク終了後の集合写真
60人くらいいるんですかねぇ?
どこかで歩さんと肩を組んでいるはず。