★ お知らせ ★

ようこそ
『ふらっとほ~む』のホームページへ
訪問 ありがとうございます

☆必見『お~ちゃんブログ』☆
2009年6月25日から一年かけて達成した、『47都道府県 白杖1本写心撮影1人知らない お宅での民泊の旅』の旅のブログは、ここから どうぞ

http://blogs.yahoo.co.jp/nizamo622/archive/2009/6/26

沖縄→鹿児島→宮崎→熊本→佐賀→長崎→大分→福岡→愛媛・・・北海道
たくさんおの『ひと・もの・こと』との出会い
笑い声や応援メッセージを想い出すことで元気や勇気をいただきます
想い出すこと、それも1つの再開の形
つまりは、今 現在も『一期二会』

実はアタック25の大ファンで。 テレビ朝日さんに 提案してみた!

P1020927.JPG

アタック25っという番組を知らない人
そんなにいないですよね? と思ってる。
僕は出たいのだ〜〜 たまらなく。
 
これは、目立ちたいっとかじゃなくて
んー、なんだろなぁ
見えていた頃から好きだったからなぁ
でも、やっぱりあの賞品=海外旅行は魅力的。
 
とにもかくにも 谷原章介さん(司会)の
あの美声 「アタぁぁック チャンス!!」で
問題を聞いて ドッキドッキするやつを退官したいのだ。
 
が、しかし、見えない僕には、パネル選び。映像問題。
賞品をかけた最後のチャレンジがきびし〜
ってか、その前に予選会の問題の解答も……。
 
エントリーすらできないなんて…。
 
はい。 というわけで。
大阪にある『朝日テレビ視聴者センター』に
でんわして想いとアイデアを伝えてみた。
 
ざっくり言うと
 

「全盲なので、コロコロ色が変わるパネルの把握が難しいんです。
記憶したり、手元に何かメモとか置いたり工夫できないことないですけど……
収録に時間かかっちゃってもよくないですもんねぇ」
本番に出ることを前提に話を進める…笑
{丁寧に ふむふむっと聞いてくれる お姉さん}
 
「なので、ペア大会を提案なんです。
見えている一人が、主にパネルを選ぶっていう感じですね。
視覚障害者大会っていう特別枠っていうのもなんだか恐縮なので
そういうことでプッシュしたくないんですけど。
ですが、毎回、出題される、あの映像問題はさすがにキツいんすよ。
なので、その日だけ映像問題を音楽のイントロにするとか…
んー〜、それじゃあ ちょっと工夫がないですね……
んじゃ、鳥の鳴き声を何種類か流して当てるっとか…
他の動物の鳴き声でもいいんですけど…
走っている足音でも…
まぁ、『映像が見えなくても問題がわかる大会』
っていうのをつくっていただけたら嬉しいなっと思っているんです。
 
賞品を書けた最後の挑戦も、パートナーが見えている映像を説明して大丈とか
獲得できなかったパネルの数の割合だけ
その回のために準備していた説明文を
少しカットしちゃうとか……」
{ふむふむ 聞き続けてくれる お姉さん}
 
「予選会の回答のし方も、見えないとですね……
○○な方法や、■■っていうのもありますので……」
{「では番組の方に、今回お聞きしたアイデアと…お伝えします」とお姉さん}
 
フジテレビの『めざましテレビ』も変わってくれたもんね♪
昔は、『めざましジャンケン ジャンケン ポン!』
「……何出したの?…?」ってなっちゃってたけど……。
今は、『私は パーを出しました』とか言ってくれるようになったもんね。
朝からモンモンとしなくてよくなったもんね♪
 
こんなちょっとしたフォローで、食事作り&洗い物、
出勤前のお化粧中?でも!
生の説明があれば、違和感何てなく参加できちゃう。
 
こちら側も、発信することは題字なのだ。
相手が知らないだけっていうことも多いもんね。
 
よっしゃ!
アタック25で、『見えなくても出られちゃうよ』っの回が決まることを
そして、その予選会に参加できることを見越して
勝手に特訓開始〜〜
パートナーは……誰に声かけよっかなぁ。
 
☆ 写心説明 (今回の内容に全く関係ないですー)
北海道名寄市智恵文(北緯44度27分)のとある山の畑…になる前。
1m以上も残っている雪を溶かすため
爆走しながら融雪剤=黒井粉を蒔くスノーモービル。
エンジン音 時計回り
大地に 大きな渦の絵を描く〜
外側から内へ 4回転
バクオン ヴゴォヴゴォゴォォォ  ヴヴぉぉぉー  ブォーー  ン゛ーー
 
時間差で、粉が バフゥ〜ン 僕を包む
髪はギッシギシ 鼻の中は真っ黒
 
*運転手=ファーマー 遠藤貴広(3人の娘の父)
*作品にするのは、別の写心♪
 
  -  -  -  -  
 大平啓朗-盲目のカメラマン BS11 ノーカット「ウィークリーニュースONZE」

https://www.youtube.com/watch?v=4xfyWwNq2b4

男泣きでちょっと恥ずかしいですけどー。。
説明文 ↓
事故で視力を失いながらも、心で撮る「写心家」大平啓朗さんの日々を追った特集
『本気いっぱい』僕は全盲カメラマン
24歳の時、事故のために失明。
しかし、子供のころから大好きだったカメラを手に、音や温度、香りなど視覚以外の
「四感」をフル稼働させて撮影する「写心家」として、
47都道府県を民家に泊まり一人旅を行った。
さらに、スキューバダイビングやパラグライダーなどさまざまことに挑戦し、
人生を楽しんでいる。
仲間の映画監督らと、手話・字幕・副音声付きで、
世界初の「完全バリアフリーのミュージックビデオ」の
制作に取り組んだ大平さんを取材、
 ● 主な出演・協力
舞神ソーランドラゴン、瀬戸 菜摘、はぎの ゆきえ、シティ ライツ
宮後 真弓、矢内菓子舗、名寄南小学校の子ども達、名寄市立大学の学生達
田上圭太
 
 

コメントは受け付けていません。